株式会社クリエイト礼文|ユニテハウス(UNITE HOUSE)FC本部

新築、土地、賃貸、リフォーム…不動産のことならすべておまかせください。
土地活用、売却相談、不動産の悩みをすべて解決いたします。

お問い合わせ

ニュースNEWS

CSR活動からCSV活動へ 山形こどもSDGs研究所設立し「こども健やかプロジェクト」始動

当社は、山形こどもSDGs研究所」を設立し、持続可能な発展のため未来を担うこどもたちの活動を行うにあたって、

山形市こども未来部こども未来課、メーカーである㈱LIXILよりご協力をいただき、「こども健やかプロジェクト パ

イロット展開」を進めてまいりました。

その第一弾として、下記、当社代表取締役CEO大場 友和の想いと設立経緯を記載いたします。

 

【設立経緯】

昨今の気候変動による温暖化により、豪雨災害や気温上昇など生命の危機を脅かすほどに被害が

大きくなっています。

今、世界規模でSDGsでも未来の地球環境を守るための宣言と実施フェーズの取り組みが喫緊の課題になっています。

弊社を取り巻く住宅業界でも、省エネルギー化によるCO2排出規制、脱炭素などの取り組みが、浸透し始めてきました。

おかげ様で当社は、「住む人の幸せを追求したQOL住宅の提供」を通じ、山形県住宅着工数.No1(※リビング通信社調

べ)のご支持をいただいております。

地域を牽引する企業として、積極的な取り組みを実施する責務があり、省エネ性能や製品サービスの向上に日々努めて

おります。

地域の皆様に支えられている当社にとり、その地域への貢献で何ができるか社内検討を重ねた結果、「未来を担うこど

も達が地球環境を守ることに興味関心を持ち、自分たちの生きる環境を大切にして、力強く生き抜くための教育分野が

最も大切であると考え「山形こどもSDGs研究所」を立ち上げ、組織化することといたしました。

「山形こどもSDGs研究所」はさまざまなプロジェクトを通して、こどもたちの成長の手助けや、未来を見守る活動を創

出していきます。

その活動の第一弾として「こども健やかプロジェクト」を開始し、継続したCSR活動を行っていきます。

また当社の住宅事業を通じてCSV活動に展開して参ります。

この活動を通して、サスティナビリティを持ち合わせた、こどもたちの笑顔があふれる地域づくりに貢献できると考え

ております。

この度、本取り組みに対し、9月21日に山形市より感謝状を頂戴する運びとなりました。

今後は、「こどもSDGs研究所」と山形市との正式な連携、メーカーである株式会社LIXILの協力をいただきなが

ら、次年度以降も「こども健やかプロジェクト」を継続して参ります。

家は、家族全員が幸せに暮らすための器であり、そこに住む家族の幸せの源は健康で暮らすこと

です。未来を担うこども達が、熱中症にかかることがなく、健康に生活すること。

そして「こどもが健康でQOLの高い生活を送ること」が、世の中の子を持つ親としての何よりの願いです。

【2.CSRの活動内容】

体温調節機能が十分に発達していない子どもたちは、室内でも熱中症の発症確率が高くなります。

そこで山形市へご相談し、山形市内保育所を対象に室内熱中症対策として、株式会社LIXIL社製の「スタイルシェ

ード(日よけ)を寄贈し、暑い山形の気候からこどもたちの命を守る取り組みを行いました。

今回のプロジェクトの「スタイルシェード」が取り付けられた環境のもとで、こども達は、「暑さを軽減し、心地よく

健康に過ごすことができる」という体験をします。

このことにより、エアコンの人工的な性能に頼ることだけではない心地よさを、自分たちの体を通じて学び、興味関心

を持っていくことでしょう。

【3. CSVの活動内容】

自社が販売するユニテハウスにおいて、ユーザーへシェードの装着をお勧めることで、室内の気温上昇を防ぎ、消費電

力の削減、CO2排出の抑制に寄与します。